読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

喉に刺さった魚の骨がやっと取れた。

病気

それは、昨年12月の20何日。

家で食べた魚の骨が喉に刺さった気がした。

魚の骨が刺さったら・・・ご飯を飲み込んで!とか、水を一気に飲んで!!とか。

いろいろと繰り返した。

ところが、全く抜ける気配がない。

数日して、内科に行った。

「魚の骨が喉に刺さったんですけど」

「さかな〜?」

「はい。大丈夫ですか?」

「魚の骨は大丈夫だよ。抜けなくても溶けるから」

「そうですか・・・・取れなかったらどういう病院に行けばいいんですか?」

「ああ、それなら耳鼻咽喉科」

「耳鼻咽喉科ですか?」
 

「そうそう、耳鼻咽喉科なら喉に器具通して見ることができるから」

と言われて年を越した。

溶けるかと思ったが、喉は何故か引っかかるような感じが残る。
会社の近くの耳鼻咽喉科を探し、連絡して行く。

一通り話したあと、口を開けて何かカメラみたいなものを突っ込まれて見られる。

ところが、

「骨はないですね」

「ないですか」

「はい、ないです。ないけど、ここ腫れていますね。薬をあげましょう。炎症を抑えるので3日ぐらいで痛みもなくなると思いますよ」

「魚の骨、ないですね」

「ないです。薬飲んで3日ぐらいして治らなかったら来てください」

「はい」


と言うことで、それから2週間ぐらい立ったが、治らない。つばを飲み込むと痛い。まだ、魚の骨が刺さっている気がする。

そして、今日その耳鼻咽喉科へ。

見てもらう。

「やはり骨ないですね」

「どうすればいいですか?まだ痛いんですけど」

「これ以上、下は耳鼻咽喉科では無理なので、内視鏡ができる消化器系に行ってください」

「消化器系ですか」

「そうです。この近くにあるので場所を教えます」

と言うことで、その消化器系の医院へ。

「初診なので、これに書いたらいいですか」

「はい。その前に状況を話してもらいますか」

「実は、魚の骨が・・・・・・で・・・・・・・内視鏡を」

「内視鏡は予約取らないとダメなので、2,3週間先になります。すぐにしてもらいたいなら大病院にいってください」

「じゃあ、いいです」

それで、もう諦めようとした。

でも、この気持ち悪い痛さは何とかしたい。

そこで、前探していたもう一つの耳鼻咽喉科へ、ダメ元で電話した。

「あの、魚の骨が喉に刺さっているんですけど、そちらで治療してもらえますか?」

「大丈夫です。何も飲まずにすぐ来てください」

と言うことで、電話で場所を聞きすぐ行く。

受付をすませ、しばらく待ち、治療室へ。

口を開け、見てもらう。

「おお、あった。骨が刺さっているよ」

え???

「あっ、見えなくなった。喉の力を抜いて」

と言われたが、さっきの病院でも、「えぐっ!”」ときているので、どうもうまく体がいうことをきかない。
何度か試したが、ダメだったので喉と鼻をシュッシュされた。

そして、三分後。

口を開いて、あっという間に魚の骨を取ってもらった。

「これ、持って帰りますか?」と聞かれ有無も言えず持ち帰る。
nodo_hone.jpgこの5円玉の右にあるのが、この一月以上も僕の喉に刺さっていた魚の骨である。

しかし、名医はいるもんだなあと思った。

その骨を取ってくれた耳鼻咽喉科は、ここ。

小川耳鼻咽喉科
東京都千代田区六番町7-36

先生もいいし、看護師の人もとてもいい。ちょっと年を取っているけど。

暖かくて、良い医院です。