読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

auって何でiPhoneが売れない?

携帯

 携帯販売ランキングのキャリア総合では、国産スマートフォンの快進撃が続いている。前々回のランキングではシャープのNTTドコモ端末「AQUOS PHONE SH-01D」が首位を獲得したが、今回は富士通東芝モバイルコミュニケーションズのau端末「ARROWS Z ISW11F」が初登場で見事に首位を獲得した。

 こうしたAndroid端末新モデルの投入を受け、「iPhone 4S」の順位もだいぶバラけてきた。最高位は2位のソフトバンクモバイル版16Gバイトモデルで、次が5位の同32Gバイトモデルとなった。このほかのモデルはトップ10圏外となり、au版に関しては全モデルがトップ10から姿を消した。

記事元はこちら。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1112/23/news017.html


そんな、いくら何でもiPhoneがベスト10から消えるなんて思ってもいなかった。

僕は、ドコモからiPhoneが出たら真っ先に予約してゲットしようと思っていたし、予約しないと半年ぐらいは持てないかと思っていた。

それだけ、iPhoneは別格だと思っていた。
 

ところが、全然違う方向に触れていた。

iPhoneがどうしても好きなという、マイノリティはソフトバンクがほとんどを取り込んでいた、iPhoneの様なスマホだったら機能とかよりデザイン性で市場が大きく変わる時代になってしまったんだなあと、ある意味感慨深い。

それほどまでに、Appleが市場を形成したスマホはその利用する人が変わってきたということだろうと思う。

それはそれで、ますます面白くなってきている気がする。

僕の携帯はレグザフォンだけど、この次はiPhoneだと心に決めているが、その時になったら気分がひっくり返るかもしれない。

それほど携帯を取り巻く環境の早さは尋常ではない。