読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

いぼを取る手術、皮膚腫瘍摘出術をやった

病気

顔にイボができたのでした。

そのうち取れると思っていたのですが、取れる気ないみたい。

2,3ヶ月前、床屋さんに行って髪の毛切って、顔を剃ってもらっていた時、このイボ病院で切ってもらったらどうですか。すぐ取れますよ。
と言われたことをずっと覚えていて、取る機会を考えていた。

こういうイボってどういうものよ?と思って調べていくと、

イボ(疣)とは、皮膚にできる出来物である。
出来物の内、小型のドーム状に盛り上がった腫瘤をいう。
ヒトパピローマウイルス感染によってできる腫瘤をいう。疣贅(ゆうぜい)と同義で、一般的にウイルス性疣贅という。

尋常性疣贅(一般的に手足や顔にできるイボ)
ヒトパピローマウイルス2型・27型・57型の感染で生じる。自分で削ったりいじったりすることでもどんどん増殖し、放っておいてもどんどん増える


どんどん増えるとか書かれているので、これは、もう早く治さないとまずいと思った。
そう言えば、できた近くに新しいイボがまたできた気がするし。

調べて、近所の皮膚科に行ってみた。
 

治療を聞くと、冷凍炭酸ガスみたいなものを当てて、時間をかけて治す方法と、レーザーで治す方法とがあるようだったので、迷わず時間がかからない方を選んだ。

そして、今日がその手術。

時間指定されていたので、そのちょっと前に行って、待つ。
ほどなく呼ばれる。

ベッドに上向きで寝るように言われたので、寝る。

切られるところの下に何かしかれる。何か言ってたようだけど、うまく聞こえず。

それから、麻酔をされる。

チクチクと痛い。

かなりの回数チクチクされる。

それから、もう何をされているのか分からない状態。

何か、糸を何回も通しているような音がする。

しばらく、縫っているような音が続き、終了する。

あとで聞いたら、縫ったとのこと。

手術跡見せないといけないようで、次いつ来れますか?と聞かれたが、平日もう休むわけにはいかず、土曜日と応えた。

その間、一日一回の消毒は忘れないように言われた。

縫った後は、絆創膏貼っているため手術跡がどうなっているかも分からず。

明日の夜、消毒をするときに見ることになると思う。

薬を5種類ほど処方される。

お金を払うときに、これって何て言う手術なんですか?と聞いてみた。(いまさら)

皮膚腫瘍摘出術(ひふしゅようてきしゅつじゅつ)だそうです。

生命保険の特約で保険金が支払われるか調べてみたけど、多くの保険の場合、無理みたい。

まだ、麻酔が効いているみたいで、痛みは来ないけど、これから痛くなるんだろうなあと思う。