読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ももクロの、「入り口のない出口」の意味

ももクロ

昨日、ももいろクローバーのCD、入り口のない出口が届いた。

iriguchi_20130606_3.jpg


サッカーを見ていたので聴く時間がなく、今日iPadで聞いていた。

収録は、ももいろクローバー名義が15曲。

ももいろクローバーZ名義が2曲。

インディーズ時代の曲を集めたというのが、このアルバムのコンセプトです。

で、このジャケットですが、左から
早見あかり、佐々木彩夏、百田夏菜子有安杏果玉井詩織高城れにですね。今と、随分違うので最初誰だか分かりませんでした。
 

これまでDVDでコンサート映像を見ていたのですが、知っている曲と知らない曲が混在しています。

インディーズ時代の曲ですので、今の洗練された楽曲とは違いますし、一人一の声量もまだ足りないなあと思いますが、この時代を超えて大きくなった今がありますから、ファンにとっては、大事なCDになるはずです。

ケースの中のケースの写真。

iriguchi_20130606_1.jpg

こっちの方が今に近いなあと思います。

そして、CD。

iriguchi_20130606_2.jpg


このCDのタイトル、入り口のない出口ですが、一体どういう意味なのかなあと考えました。

なにせ、入り口のない出口です。

出口なんだけど、絶対に入り口がないわけです。

ここを出たら、もう入ることができません。なにせ、入り口がありませんから。

だから、なんだよ!と言う感じもしますが、ももいろクローバーには、もう絶対に戻らないという宣言でしょうか。そして、ももいろクローバー名義のアルバムはこれで本当に最後になると。

簡単な単語を並べただけだけど、このCDのタイトル、難解だなあ。