読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ももクロ春の一大事、南こうせつは何で、あの素晴らしい愛をもう一度を歌ったのか?

ももクロ春の一大事2013

ブルーレイの2日間を見ています。

あまりにこの週末は疲れていたので、半分寝ながらの視聴でした。

なので、1日目しかまだ見ていません。

この1日目は生放送でテレ玉でやっていたので、見ていたのでした。途中から途中まで。

生バンドが演奏やっていたのを見て、もうこれはロックだなあと思っていたのでした、アイドルのコンサートはAKBがそうであるように、カラオケなのです。そして、生歌ではないのです。

その中で、ももクロは生歌で勝負するのですが、それに加えて生演奏をやっていました。

4時間。

ブルーレイで2本いっぱいにやったコンサートでした。

素晴らしいと思います。
 

ゲストは、ミヒマルGTと南こうせつでした。

ミヒマルGTは、ツヨクツヨクをももクロが歌っているので、分かります。

南こうせつは、分かりませんでした。

何で、呼ばれたのか。

まあ、それも、以前やったコンサートで共演したからと言う理由があるのですが。

あるのは知っていたのですが、こうせつが歌ったのが、神田川あの素晴らしい愛をもう一度でした。

神田川は分かります、

南こうせつがリーダーだったかぐや姫の最初のヒット曲ですから。

かぐや姫は、それから何曲もヒットを飛ばします。

ところが、あの素晴らしい愛をもう一度はかぐや姫の歌ではありません。

同時期に活躍していた、はしだのりひこシューベルトの歌です。

有名な曲です。

でも、南こうせつが歌う必然性はありません。

なので、未だに選局が良くわかりません。

このコンサート。

最高な出来栄えです。

お薦めします。