読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

鳥肌が立つ坂本冬美の歌声、ももクロ春の一大事2013西武ドーム

ももクロ

この4時間に及ぶライブ。

なかなか通しで見る時間を作れません。

ももクロ春の一大事2013。その二日目。

今日、何とか時間を作って見ています。

二日目のゲストは、松崎しげる広瀬香美坂本冬美

松崎しげるは、南国ピーナツの愛称でいつもサプライズな報告をします。今回はところが普通に2曲歌いました。

広瀬香美は、楽曲をももクロのために作ると約束しました。

そして坂本冬美

彼女の代表曲のひとつ、夜桜与七。
この歌が、ああもももクロのコンサートに合うとは思っていませんでした。彼女の歌い方が、ポップなため、演歌バリバリな曲を際立たせたのかと思います。
 

坂本冬美は、忌野清志郎のアルバムでもバックでゲスト出演していたぐらい、ロックに合うのです。それを思い出しました。

ももクロ春の一大事。

生演奏が際立っていました。さすがに全部の曲が生演奏ということはなかったのですが、バンドが後ろにつくとこうも違うのかなあと思います。決まった曲の決まった時間決まった演奏。それがない時の、緊張感は全く違うものです。そして、間違ったとしてメンバーが助けることができます。

もう、ロックだなあと見ながら思いました。

この、ももクロ春の一大事2013。

良いです。
 

最後の、Chaimaxは圧巻の一言です。