読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

浅田真央のこれまでの輝かしい記録とチャレンジを思えば、ソチ・オリンピックのSP16位なんて大したことはない

スポーツ オリンピック

この8年間。

日本のフィギュアスケート界を引っ張ってきたのは、まぎれもなく浅田真央です。

彼女に唯一ないものは、オリンピックの金メダルです。

今シーズンをもって現役引退を表明している浅田真央。

つまり、唯一残されている手に入れてないものを、勝ち取る最後のチャンスだったわけでした。

どんな演技をしたのか、見ていないので分かりませんが、得意とするジャンプをことごとく失敗したそうです。

彼女は金メダルを取るために、あえてリスクを取ります。

それがトリプルアクセルです。

トリプルアクセルと言えば、今や浅田真央の代名詞とも言えますが、失敗するリスクも大きいのです。

SPで1位だったキム・ヨナはトリプルアクセルは飛びません。トリプルと表現力で勝負します。

彼女の上に立たなければいけない、浅田真央は、より難易度の高い技にいくしかありませんし、飛ばないことで競技を終わることは、彼女の選択肢にはなかったと思います。

SPは、まさかの16位でした。

でも、勝ちにいった結果ですから、誰も責めることはできません。

 

明日の未明にある、フリー。

 

順位はいいので、彼女らしいチャレンジな演技で締めくくってほしいと思います。