読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

今さらながら、アルバム「バトルアンドロマンス」が凄いと思わずにはいられない、ももクロのライブ

ももクロのライヴDVDがレンタル解禁となったので、見に行ったら

f:id:bookrock:20140323134518j:plain

 

コーナーができていました。

ところが全て貸出中。

しばらく日をおいて行ったら、1枚だけ残っていました。

残っていたのが、サマーダイブ2011、極楽門からこんにちは。です。

このライブは、その年の春に早見あかりが脱退して、ももいろクローバーからももいろクローバーZに名前が変わり、6人から5人になって初めての大きなライブです。

 

どんなものかと見たら、5人になってからのももクロの方向性を決定づけたライブになっていました。

寸劇を入れたオープニング。

あーりんのMC「はい!はい!はい~!」

しおりんの「お前ら~」

そして、怒涛の楽曲。

 

あのダンスで生歌で、よく歌えるものだと改めて関心してしまいます。

あれが、生歌☓ダンスの限界点ではないでしょうか。

 

バトルアンドロマンスと言うアルバム1枚のお陰で、それまでのももクロと以降のももクロを大きく変わります。

名作です。

このライブのドライブ感は、横浜アリーナの2日目のコンサートで最高沸点を迎えます。

この時期をももクロの中期とすると、その中期の扉を開いたライブです。

 

今や、ライブと生歌で勝負するアイドルの頂点に立っているももクロ。

その、最初見たかったら、これ見ろ!という作品です。

 

映像は、まだ荒削りだし耳栓が耳にあったものを作っていないので、テーピングで止めたりしています。

放水して自らのびしょびしょになるメンバー。

 

お前ら、ネジ外せよ!と言わなくても、みんな外しているという、まだまだアットホームさが残っているライブです。 

 

 

サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは(Blu-ray Disc)

サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは(Blu-ray Disc)

 

 

 

【アマゾンオリジナルブロマイド無し】バトル アンド ロマンス(初回限定盤A)

【アマゾンオリジナルブロマイド無し】バトル アンド ロマンス(初回限定盤A)