読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

外食産業を支えるアリアケジャパン。カンブリア宮殿

ガイアの夜明けとともに見ているのがカンブリア宮殿。

たまに、題材がかぶるので、一粒で二度美味しいなあと思うこともあるけど。

 

今日の題材は、アリアケジャパン。

ラーメン屋さんのスープを集めるところから番組が始まります。

そのスープから成分を分析し同じものを生成します。

ラーメンのスープを作るのは大変です。

豚骨とか鶏とか玉ねぎとか人参とか、スープを作るための素材を集めなければいけません。おそらく素材は一つづつ少しずつ違うので、全く同じ味は二度とできないのではないかと思います。

それを世の名人は、可能な限り同じものを作り上げます。

結果、ずっと美味しいお店になります。

このラーメン屋さんをチェーン展開していくと、その味をつないでいくのは、また大変です。

支店を出しすぎて味を制御できなくなった外食やさんはいっぱいあると思います。

ここに、業務用のスープや出汁を作る企業が入り込んでいくところができます。

業務用=大味

と言う公式は、アリアケジャパンには当てはまりません。

本家と全く同様なスープが作れるようになり、それを完全オートマ化した結果、無敵になります。

業務用スープのガリバーです。

 

ガリバーになってもさらに上を目指していくところを最後の方は放送します。

 

企業は成長を止めたらそこで終わりです。

すぐ後ろには、同じようなことをしている後発企業があります。

先行メリットは、その企業がどんどん成長してこそ生きます。