読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

よく使うけど、語源が全く分からない言葉、すっぴん。

すっぴん。

普通に聞きます。

用法としては、

女性芸能人が、ブログですっぴんを公開。

かわいい!と言うコメントが多く付き話題に。

とか、

合コンで、

今日の私、かなりすっぴんモード。

とか?!

 

よく聞くけど、これに漢字があるのか分かりません。

漢字が出てこない以上、語源がさっぱり分かりません。

 

調べていくと、

すっぴんの対義語は、”別嬪”だそうです。そう、べっぴんです。

すると、感じは、

”素嬪”です。

”別嬪””素嬪”

こう並べると、何となく分かってきます。

ただ、べっぴんと言うのは、綺麗とかの意味になりますから、すっぴんは、ブスなんてことになってしまいます。

すると、そもそもが別嬪の意味が違うのではと思ってきます。

 

ベッピン(べっぴん) - 日本語俗語辞書

べっぴんとは美人や美女を意味し、古く江戸時代から使われる言葉である。ただし、現在とは表記・意味合いともに異なる。まず、現代のべっぴんは漢字で書くと別嬪となるが、当時は別品と書いた。漢字からもわかる通り、当時は別格な品物=特別によい品というように、物に対して使用。

 

特別別格なものというと、すっぴんが分かってきます。

特別じゃないものということで、いつもの様子なんて訳するといいのでしょう。

 

つまりは、むりくりにして意味をもたせると、化粧しない普通の様子ってことになります。

最初から答えわかっていて、それ導くために、ここまで書いたとも言われるようなエントリーになってしまいました・・・