読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ブランディングはシンプルに

スティーブ・ジョブズの本を読んでいるけど、アップルの勝利は、とことんシンプルさを追求していったことが一点。

確かにアップルの商品群は、とてもシンプルにできている。

他の企業はこれが分かってもできないのは、リスクが高まりすぎることにあると思う。

商品多い=リスク分散=安心

と言う図式で表現できるように大企業になればなるほど、多くの商品作ったら責任の所在があやふやになって、人は安心する代わりに、物事が進まなくなる。

アップルのパソコンには、全てMacと言う名前がつく。

Macはもともとは愛称のようなもので、商品名ではなかった、それを、iMacの成功により、Macがアップルのパソコンの象徴になっていった。

パソコンという名前でカテゴライズされること自体が、スティーブ・ジョブズにとっては耐えられないようで、MacはMac以外の何物でもないというぐらいの拘りをもっている。

音楽を聞く機会は、iPodで統一されている。

電話は、iPhone

タブレットは、iPad

iと言う一文字がつくのがアップル商品の特徴になっているけど、これから発売される時計にはiが付かない。

これが何を意味するのかは僕によくわからない。

みんな、iWatchだと思っていたから。

 

ここまで商品名をシンプルにしている企業は、他にそうない。

思いつくのが、Windows

マイクロソフトのOSには、必ずWindowsがつく。

Windows3.1

Windows95

Windows98

WindowsME

WIndows7

Windows Vista

Windows8

Windowsの商品は、Windowsの後に数字がつくのは概ね成功している。

MEとVistaの評価は非常に低い。

この公式を破ったのが、Windows8

数字がついたのに、失敗したOSと言われている。

で、8の後には、Windows10らしい。

9を飛ばすことで、Windows数字バージョンの復活を期待しているような気がする。

Windowsは、シンプルかと言うと実はそうではなく、Windowsなんとかの後に商品名が更につくものがいっぱいある。

いっぱいあって、何がなんだかわからなくなる。

複雑。

 

不要なものはそぎ落として、シンプルで勝負することが、勝利への道かと思う。