読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

iPhoneの修理をネットで予約してアップルストアに行ってきた。

スマホ

iPhone5のバッテリーが不具合だったので、そのサポートプログラムを受けにApple Storeに行ってきた。

アップルストアの予約は、ちょっとわかりづらい。

まずは、他でできないかを探しながら、Apple Storeから予約する。

お問い合わせ - Apple サポート

僕の場合は、何となく予約できたとしか言い様がない。

日と時間が分かったので、それに合わせ、銀座のApple Storeに行く。

最寄り駅は地下鉄の銀座駅なんだけど、JRの有楽町駅から歩くことにした。

以前、何回かApple Storeの前を歩いていたので、場所はわかると思っていた。

 

有楽町から銀座方面へ。

すでにその途中で、間違っているのではないかと不安になる。

多分、銀座の大通りにあったと思うので、それらしき大通りまで辿り着く。

そして、歩くが思い切り逆光。

前の店がよく見えない。

見えないけど、流石にApple Storeはわかるだろうと、ここまでは簡単な気持ち。

新橋方面にかなり歩いたけど、未だに辿り着かない。

そろそろ銀座と言ったらダメなくらいになってきた。

そこで、Google Mapsで場所を確かめた。

行き過ぎていた。

いつの間にか、前を通りすぎていたみたい。

戻ろうと、Google Mapsを見ながら歩くと、iPhone5がフリーズした。

まずい、これは。

記憶と今見たGoogle Mapsの残像から、道を戻る。

余裕を持ってきたんだけど、予約していた時間がどんどん近づいてきた。

もっとまずい。

iPhoneは、リセット→フリーズ→リセット→フリーズを繰り返しながら、とうとうリセットできないまま。

 

なんとかApple Storeまでたどり着いた。

本当に、さっき前を通ったんだけど、分からなかった場所だった。

アップルのロゴがくっきりなのに、なんで見過ごしてたのかよく分からない。

Storeの中は多くの人。店員さんに聞くと、4階ということなので、エレベーターで上る。ここのエレベーターは、左が4階直通、右が1階ずつ上がる方式。左の直通の方が早いということで、右には乗らず左で上に。

4階にたどり着くと、アイパッドを持った店員の人が4,5人いて、そこで名前を告げる。予約番号を印刷していけばいいんだろうけど、予約の時間と名前を言ったら、結構早く調べてくれた。

少し待ち、名前を呼ばれ、iPhone5の症状を伝える。

フリーズしたままの、僕のiPhone5。

ケーブルを繋げ、バッテリーの診断プログラムを走らせ、症状を確かめる。

無償プログラムの対象ということで、ここでドッグ入り。

約1時間かかるということで、一旦Storeから出ることに。

銀座で1時間潰すのはどうしたらいいか分からなくなった結果、有楽町のビックカメラに足が進んでしまった。久々の群座なのに、行くところはビックカメラというのは、自分の生き方なんだろうなあと、納得。

銀座も多くの人がいたけど、ここビックカメラも多くの人。消費性向が高いのは、素直にいいこと。

だいたい、40分ぐらい時間を潰し、Apple Storeに戻る。

4階に行くと、修理が終わった人は左へお並びください、と、並ぶことに。

同じ時間に修理が終わる人が結構いた。少し早めに戻るのがいいんだろうなあと思ったが、今度、AppleStoreに行くのは、相当にあとだろうから、この時の気持ちを覚えていることはなんだろうけど。

 

少し並び、もらった紙を渡し、無事にバッテリーが交換されたiPhone5が戻ってきた。

これで、いきなり落ちるなんてことがなくなるんだろうなあと思う。

 

AppleStoreは、これまで見るだけのところだったけど、自分が修理に行って思ったことは、やたら店員さんが多いこと。

本当に多い。

そして、修理スペースでの手際の良さ。

あれぐらいてきぱきしていると、待つことも苦にならなくなるなあと思う。

 

さて、iPhone6とiPhone5持ちの僕。

修理に当たっては、iPhone5にauのSIMを再度入れてやったんだけど、ここまでやらなければいけないのかはよく分からない。

 

それから、Google Mapsは携帯キャリアのSIMが入ってないと使えないことに改めて気がつく。

 

 

 

iPhone 6便利すぎる! 200のテクニック (超トリセツ)

iPhone 6便利すぎる! 200のテクニック (超トリセツ)