読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

スマホとガラケーと言う絶対に近づかない関係

体重計を買って毎日体重を測り。

レコーディングダイエットを毎食かかさずやって、早数ヶ月。

体重が増えてしまった筆者です。(泣)

 

久しぶりにガラケーを使いiモードのサイトを見ました。

いやあ、使いづらい。

あんなに毎日見ていたのに、離れているとこの有り様です。

 

iモードのトップページが分かりにくかったのです。

 

見たいサイトは決まっていたので、カテゴリーから入っていけばすぐにつくと思っていたのですが、そのカテゴリーがどこにあるのかさえ分からなかったのです。

 

ただ、これをもって、ガラケーはダメでスマホは優れていると言うつもりはありません。

お互いに良い所と悪いところがあるからです。

この長所短所はお互い全く近づかないところにあるわけで、使い方によって携帯の形態を変えるしかありません。

 

文字入力は、スマホがひっくり返ってもガラケーに勝つことはありません。

未だに、僕はiPhoneの文字入力に慣れません。

間違います。

自分が思っている文字と全く違うものを選択していることがあります。

それも複数回。

このストレスは、ガラケーにはありません。

物理的キーボードは、やはり強いなあと思います。

 

でも、僕の場合しばらくはガラケーに戻ることはありません。

自分の使い方がガラケーではできないからです。

 

普通にインターネットをする。

本を読む。

自由なアプリを使う。

 

文字入力のやりにくさを含めて、スマホは究極な暇つぶしの器機だと思います。

 

そのスマホに支配されてると思うと、ちょっと怖くなったりしますが。