読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

これは非常に分かりやすい。関西電力が首都圏に大型石炭火力発電所を建設。

政治・時事 買い物

大型石炭火力発電所を建設と言われても、それってどういうことよ?と思ってしまいます。

小さな電力会社がいくつかできて、少し戦うみたいなことぐらいかと思っていたのでした。

電力会社は、完全に地域割りされていて、お互いが他の地域に侵食しないようになっていました。

 

そこに、関電の東電に対する戦いが起こったわけです。

 

電気料金は、日本はとても高いと言われています。

 

特に原発の操業ができなくなったことから、石油に依存した電力に戻り価格が上がりました。

そして、太陽光電気への補助に代表される電気料金の転嫁が追い打ちをかけています。

 

電気料金の高騰は、企業の競争力を弱めることになります。

価格に転嫁せざるをえず、価格が上がります。

価格競争力が落ちるわけです。

円安と言う追い風が吹いていることで、なんとか収まっていますが、そもそものところ弱い体質になっています。

 

大手の電力会社が競い合えば、価格も下がっていくでしょうから、日本の競争力を高める意味からも重要な事だと思います。

 

ただし、電力は非常に重要なインフラですから、価格が下がったせいで品質が落ちてしまうと困ったことになります。

 

品質の良い電気の上に成り立っているのが、現在の日本でもあるわけで、そういう難しい相反することも考えていかなくてはなりません。