読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

現場力を実践する、牛たんのねぎしフードサービス。

TV・映画 仕事

テレビ東京のカンブリア宮殿。

今日は、ねぎしフードサービスの特集です。

ねぎしと言えば、牛たんのねぎしです。

確か、神田にあったような気がします。

社長の根岸さんは、以前経営していた会社の従業員がみんな引きぬかれ、同様な会社(真似された)のそこに痛い目にあったということを話しますが、ここで、経営者として大転換し、会社を経営するのは支店長だという発想になります。

 

つまり、現場を信じ、現場に任せるです。

いわゆる、現場力です。

 

現場が強いので、現場も元気です、

従業員の2割が中国人ですが、その働きやすさから口コミでいい人材が集まるようです。

 

牛たんに欠かせない、やまといも。

やまといも農家と直接取引を始めます。

やまといもは繊細です。

少しの環境の変化で不作になります。

農家との信頼関係を築いたねぎしは、それも乗り越えていきます。

モチベーションの向上は、非常に難しい。

 

それを支店長に任せることにより乗り越えていった。

 

言うのは易く行うのは難しい。

それを実態として行っているのが、ねぎしフードサービスです。

 

今度、食べに行こうと。