読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

エスカレーターの片側を開けて歩けるようにしないと、通勤時間帯は大渋滞になってしまう

政治・時事

エスカレーター

東京では右側が開いていて、そこを歩いて上ったり降りたりします。

関西では左側が開いています。

僕が関西にいた30年ぐらい前から関西ではこうでしたし、きっと今もそうだと思います。

エスカレーターは動く階段と思っていて、そこを歩くのは当然だろうと思っています。

歩きが早くなる階段と言うイメージしかありません。

 

ところが、7月21日から全国のJR。地下鉄・空港が一斉に「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンを実施するそうです。

 

ポスターもあります。

f:id:bookrock:20150717221447j:plain

これ困るなあ。

エスカレーターが東京の駅では多いのです。

バリアフリーの名目でいっぱい作られました。

階段の時には並ばなかったのに、エスカレーターになって並ぶようになりました。

それが、歩かないようになると、大渋滞になります。

 

開始が、7月21日と言うのは、ある意味確信犯的な日にちで、学校の夏休みが始まると同時に開始されます。

通学者がいなくなり、幾分人が少なくなります。

 

9月になったらやばいことになるんだろうなあと思います。

 

エスカレーターでこういうことやるなら、もっと階段増やしてからして欲しかったなあと。

 

このポスターのように、空いていませんから。

本当のエスカレーターは。

 

関連記事

bizmakoto.jp