読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ほぼ10ヶ月使ったiPhone6のバッテリーの持ちが極端に悪くなった。その解決方法。

iPhone5からiPhone6に変えて一番変わったのは、バッテリーの持ちです。

まる一日使ってもまだ残量があるiPhoneのバッテリーは感動者でした。

ところが、iPhone6も10ヶ月も使ったら寄る年波か。

夕方には40%を切り、帰りにはしっかりと20%を切り、警告が出ます。

バッテリー残量が20%を切りましたと。

こんなはずじゃなかったのになあと思いますが、現実です。

なら、前やったようにバッテリーの持ちを長くするしかありません。

 

参考サイトです。

【iPhone6対応】iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法17選 | 株式会社LIG

 

「設定」 → 「一般」 → 「使用状況」 → 「バッテリーの使用状況」で、バッテリーを多く使っているアプリを見つけ、代替手段があることを見つけ、消します。

 「設定」 → 「iTunes & App Store」 → 「自動ダウンロード」

自動ダウンロードをやめます。

 

設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」 → 「位置情報を共有」

位置情報を知られたくない場合、オフにします。

あんまり、自分の居場所を知られたくないですね。

 

設定」 → 「画面表示と明るさ」

これがデフォですね。画面の明るさは最大にする必要はありません。

 

こちらも参考になります。

iPhone 6/iPhone 6 Plusの省電力術-バッテリーを長持ちさせる設定方法