読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

橋下徹が政治家を続けることは、全然ありなんだけど。

政治家が自分の言ったことを守らないなんて、それだけで政治家失格。

大阪都構想が否決されたら、市長辞めると言ってたじゃないか。

なんで、また否決された大阪都構想を続けるのか。

 

なんてことで批判されている、橋下徹大阪市長。

 

僕は、政治家を辞める理由は全くないと思っています。

 

何といっても、政治家でこれほど面白い人はいないからです。

日本を変えてくれそうな期待感があります。

 

与党自民党には、なんかやってくれそうな人がいますが、野党を見るとそういう人がほとんどいません。

 

何せ、彼の良さは言ったことをとことん追求することです。

 

大阪都構想は、1回目の選挙では負けてしまいました。

なら、次もまた戦えばいいのです。

 

一度消えても、それを信念をもって実現するのが政治家だと思います。

消費税。

来年また引き上げられますが、これこそ何度も否決されてきました。

その導入は本当に大変でした。

 

でも、今や消費税は普通になっています。

使い道がいまいちわからないので、その辺は改善してもらいたいのですが、消費税がなかったら、日本の税制は破たんしていたと思います。

 

僕自身、大阪府に住んでいるわけではないので、それがどれぐらい実態として効果があるかは分かりませんが、大阪市ぐらい大きな市になると、府との境界線は曖昧になることもわかります。

 

二重行政ですから、無駄も多くなっているのではないかと思います。

 

橋下さんは、国政選挙に打って出るべきです。

衆議院議員が一番なのですが、解散でもない限り2年ぐらいなさそうなので、次の参議院選挙が良いと思います。

 

大阪市長は、大阪維新から出して、大阪都構想を国会議員の立場で補完していけばいいかと思います。

 

彼のような、ちゃんと話す政治家を日本からいなくするのは、これからの日本にとって損失だと思います。

 

政治家に損失補てんはありませんから、本人でお願いします。

 

しかし、政治家なんて嘘言うのが当たり前なんですが、なんで橋下さんに対しては、清廉潔白を求めすぎるんでしょうね。(政治家は嘘言っていいというわけではありません)