読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

アカウントアグリゲーションの終焉。

アカウントアグリゲーションとは、一つのサイトに入ることで、複数の会員サイトへログインして情報を取ってくるサービスです。

会員サイトにいっぱい登録すると、複数のID・パスワードを管理しなくてはいけないのが面倒になります。

たまに忘れてしまいます。

でも、同じID・パスワードにするとセキュリティの面で問題があります。

それを管理してくれるサイトがあったら楽ちんです。

で、このサービスが広がっていくもんだと思っていました。

ところが、そんなに広まっていません。

 

アカウントアグリゲーションには、サーバー型、クライアント型があります。

サーバー型は、外部のサーバーに管理してもらうものです。

クライアント型は、自分のパソコンにアプリを入れて利用します。

 

サーバー型って、いまの時代としては、結構気持ち悪いです。

ある特定のサーバーを運営する企業を信じて、自分が使うIDとパスワードを知らせなければなりません。

暗号化はもちろんされるので、大丈夫かもしれませんが、気持ち悪いことは事実です。

 

クライアント型は、そのサービスを提供する企業のビジネスモデルが

描けません。つまりは、お金にならないのです。

こういう問題があって、なかなか広まりませんが、一番の大きい理由は、各企業がセキュリティを高めていることにあります。

 

ワンタイムパスワードを利用する企業が増えています。

特に金融系企業が多いです。

 

もともと、アカウントアグリゲーションは、IDとパスワードをあらかじめ登録しておく必要があります。

これは、IDとパスワードが長い間変更されない必要性があります。

ところが、ワンタイムパスワードはその都度、パスワードを変更する必要があります。

これでは、機械が人に変わってログインすることができません。

 

また、こういうログイン方法もあります。

 

f:id:bookrock:20150909222428j:plain

画像に書かれた文字を入力する方法です。

これも、機械ではできません。

 

つまりは、これ以上、アカウントアグリゲーションは広がりません。

 

これと同じようなサービスに、シングルサインオンがあります。

文字通り、一つのIDで他のサイトにログインできるサービスです。

このシングルサインオンも広がりようがなくなってしまいました。

 

便利と安全はトレードオフの時代になってしまっていて、不便だなあとは思います。