読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

東京駅7番線のエスカレーターの意味が分からない。

東京駅。

7番線と8番線。
その階段。
横にあるエスカレーター。
 
エスカレーターは一機。
 
さて、上りでしょうか?
下りでしょうか?
 
 
時は夜。
 
まあ、普通に考えて、上りしかないと思います。
 
ところが、東京駅は一筋縄ではいかないのです。
なんと下りが偉そうな顔をしているわけです。
 
朝ならまだ分かります。東京駅での乗換えをスムーズにするために降りた人を誘導することは。
 
 
ただ、夜は違います。
 
夜は千鳥足です。
酔っ払っているわけですが。
 
千鳥足で、階段登るのはきついです。
 
そこにエスカレーターがあったらそれを使いたくなります。
 
結果、エスカレーターに向かいます。
 
自分の目線に近づく階段があるとおもったら、その階段は下に下に行きます。
 
乗ろうとした階段が遠のきます。
 
絶望。
 
絶望感が広がります。
 
ここで、こんな仕打ちに会うとは思いませんでした。
 
絶望感に打ちひしがれながら、トボトボと階段をあがります。
 
その足取りの重い事。
 
こんな事なら、エスカレーターなんかなかったらいいのに!と思います。
 
東京駅
ひどい!