読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

今を残す一番のメディアは紙の写真。

昔、ビデオテープと言うメディアがありました。

その規格はVHSとベータマックスでした。

VHSは知っていてもベータマックスなんて知らない人も増えたのではないかと思います。

そのベータマックスを久しぶりに思い出したのがこの記事です。

www.sony.co.jp

出荷終了と言うより、いまだに作っていたのがビックリでした。

 

実は、以前にこのブログでも書いたと思うのですが、僕が最初に買ったビデオはこのベータマックスでした。

しかも松田聖子がCMをしていた頃のベータマックスで、当時既にVHSに負けていた時に安くなったベータマックスが起死回生のCMをやっていた時でした。少なくとも、世界に一人でも僕はそう思っていました。

 

絶頂の松田聖子を使っても、VHSの優位は動かず、ベータマックスはこの世からなくなっていきました。

さて、当時録画した膨大なベータマックスのビデオテープ。

その後どうしたかと言うと、ベータのハードが壊れて見られなくなり、しばらくして全て破棄しました。

捨てる時は、もったいないなあとも思ったのですが、なくなってもなんともなかったのですね、実は。

 

それから買ったVHSも同じような運命をたどりました。

既に家からVHSのハードもテープもありません。

 

ビデオと言えば、8ミリビデオもありました。

これは悩みます。

ハードは壊れています。

テープは捨てられずにいます。

捨てないのは、テープの大きさが小さいことと家族の思い出が入っているからです。

なのですが、見ることはありません。

8ミリビデオを見るカメラが売られていません。

 

さて、動画はそうなのですが写真はどうかと言うと、紙の写真は最強ではないかと思っています。

いや、動画を含めて今を残すメディアでの最強は紙だと思います。

 

デジタルカメラ。

これまで何台も持ちました。

 

データとして保存できるデジカメっていいなあ。

かさばらないなあと思っています。

 

でも、これって実はなくなります。

デジカメのデータってどこに保存するかと言うと、何らかのドライブです。

一番多いのはメモリーカードかと思います。これはとても使い勝手がいいのですが小さすぎてなくなります。あったとしても多くのメモリーカードからどこに入っているのか分からなくなります。それから、壊れます。なんと!

 

そういうことを考えると紙に残すのは重要です。

かさばります。

でも、物体として見えるということは重要です。

 

紙の写真

アルバム

最強です。