読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

吉田類の酒場放浪記は、なぜ面白いのか?4つの理由。

TV・映画 食べ物

テレビで手っ取り早く視聴率を稼ぐには、旅と食べ物と言われて久しいのです。

 

番組表見れば、この系統に属する番組は数多くあります。

 

この両者を掛け合わせているのは、大食い選手権です。

 

食べまくって勝ち進んだら、海外へと舞台が移ります。

旅と食の王様(最近は、女性限定の女王版もありますが)的番組です。

 

最近、僕が毎週はまっているのは、吉田類の酒場放浪記です。

 

BS-TBSと言う地上波ではない番組ですが、偶然に見つけた番組でした。

 

当時は、偶然見られたらいいぐらいに思っていたのですが、月曜の午後9時から毎週やっていることを知ってから、毎週録画して見るようにしています。

 

この番組。

 

どうってことない番組です。

 

行く酒場の駅に降り立ち、なにやらほかのところを探し出し、少し遊ぶなりして夜になると、目的の酒場に行き、酒飲んでつまみを食べる。

 

ただ、それだけです。

なのに、なんで面白いのかなあと思います。

 

それを考えてみたわけですが、

 

まず、いきなり目的地の酒場に行かないことかなあと思います。それなりに、そこの駅の風情なりを紹介することが良いのです。それも、あざとくないのです。

ここで、卓球場かよ!なんてことが起こります。

 

次には、日本酒への造詣かなあと思います。

吉田類さんは、相当に日本酒に詳しいのです。

その飲み方も冷だったり熱燗だったり、料理を見て決めていきます。

ビールも焼酎もホッピーも飲みますが、やはり日本酒なんだよなあと気が付きます。

 

そこの居酒屋で友達ができることも、見ていて面白いところです。

毎回、乾杯をやります。

会話も弾みます。

お店の雰囲気も分かります。

 

そして、なんといっても吉田類と言う人の人柄が、この番組の良さだと思います。

今の吉田類さんは、渋くて格好良いのですが、昔撮ったものを見たら、結構見た目とんがってます。

あの、三角サングラスが象徴しています。

でも、当時から人柄の良さがにじみ出ます。

で、ここまで長い番組になっているんだろうなあと思います。

 

最後に、取り上げる居酒屋が、チェーン店ではないことです。

その地その地でいけてる居酒屋が紹介されます。

そこでしか味わえない料理があるわけですから、絶対に行ってみようと思います。

 

渋くてよい番組です。

 

 

吉田類の酒場放浪記 其の九 [DVD]

吉田類の酒場放浪記 其の九 [DVD]