読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ソニーの話は日本人の琴線に突き刺さる

ソニーとホンダ自動車は、日本人が世界に誇れるブランドです。

未だに他の追随を許さない存在だと思います。

 

久しぶりにソニーに関する本を読んでます。

 

切り捨てSony

リストラ部屋は何を奪ったか

 

著者は、元読売巨人軍球団代表の清武英利さんです。

 

半分ぐらい読んでますが、創業期の井深勝さんと盛田さんの時代の話は、電車で読んでいて涙が出てきてしまいました。

 

やはり凄い創業者です。

 

Sony Family

と言うぐらい社員を家族と思ってやってきました。

おそらく後半は、本のタイトルのごとく、家族とかけ離れたソニーになっていくことが書かれていくのだろうなあと思います。

 

それはそれとして、ソニーと言う会社のすごさは、アメリカを大きな市場として、そこで勝負したことです。

 

盛田さんが、徒手空拳で戦って切り開き大きなブランドに育てます。

 

メイドインジャパンを作った会社を一つ上げろと言えば、迷わずSonyと答えます。

 

では、二つ上げろと言われたら、ホンダと答えます。

 

ホンダは、ヨーロッパに目を向けて市場を切り開いた会社です。

 

ヨーロッパの自動車(二輪も)レースに果敢に挑戦し勝っていきます。

痛快です。

 

日本人ってすごいです。

 

そう思わせてくれるから、何冊も本が出ているし、読んでて面白いのだと思います。