読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

立ち飲みは日本酒が一番な理由

最近凝ってるのは立ち飲み。

 
週の半分以上は立ち飲み。
 
何がいいからって、
 
1.長居ができない。
 
何せ、立って飲んでるので長時間は飲めない。
さっと呑んで帰るには最適。
 
2.仕事の話はしない。
 
なぜだか立ち飲みに仕事話は似合わない。
粋じゃないんだなあ、これが。
さっと飲むのに、仕事の話は似合わないだなあ。
 
3.いろいろ呑める。
 
まずは、のむの、漢字は、呑む、しかないと思う。
間違っても、飲む、ではない。
僕の行ってる立ち飲みだからかもしれないけど、少量で呑めるので、いろいろの日本酒が呑める。
何と言っても、日本酒の種類が多いのが良いと思うのだけど、さらに、少しずつ呑めるからいろいろ呑める。
辛口から始まって、純米酒に行って、濁り酒呑んで、辛口に戻れる。
ああ、日本酒っていいなあと思う。
4.安い。
 
やはり、これが最大の理由かと思う。
何と言っても、圧倒的に、比類なきように、立ち飲みは安い。
それは、そうだ。
店から言って、これほど、コスパが高いことはない。
小さな空間に多くの人を呼んで、長居しないので回転率が高い。
それで、安く提供できる。
 
僕らお客さんとは、win-winの関係が成り立つ。
 
と言うことで、今日も僕は、楽しい立ち飲みだわ。