読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

マイナス金利になると、私たちの暮らしはどう変わる?

日本では史上初のマイナス金利が始まりました。

 

ざっくり言うと、

市中銀行は、日本銀行にお金を預けると今までは金利収入があったのですが、逆にこれからは金利を取られるようになります。

では、これで、私たちの暮らしはどうなるのかを、超素人目線で考えてみました。

 

銀行は、簡単に言うと、私たちのような人からの預金をもとに、それを企業とかに貸し出し、預金で支払う金利と貸し出す金利の差で儲けを出す企業です。

 

金利を得る中に、日本銀行に預け入れて金利を得ることがありました。

日銀に預けるということは、日銀には倒産がないわけですから、焦げ付く心配がありません。

最も安全な手段で金利を得る手段になります。

たとえそれが0.1%だとしてもです。

 

ところが、この超安全な預入先がないとなると、そこで得る収入を他からもってこなくてはなりません。

日銀がマイナス金利を導入した理由は、日銀に預けて得た金利を得るために、他の貸出先を探すことがあります。

 

それで、住宅ローンの金利低下につながります。

 

銀行がリテールで手っ取り早く金利収入を得るのが住宅ローンです。

2千万とか3千万円を、まとめて貸し出すことができます。

それが集まれば結構な運用先と金額になります。

 

企業への貸し出しも増えると思われます。

が、企業に貸し出すのは、リテールと比べてリスクの分散が難しいため、なかなか貸し出し量が増えるかどうかは、?です。

 

一番手っ取り早いのは、ATM手数料を何円か上げることです。

これは、ただ、一般市民からは敬遠されるだろうなあと思います。

 

定期預金の金利低下は早速始まったようです。

 

企業は、満足度調査の結果を結構見ています。

満足度から離れるであろう、ATM手数料の値上げは、やりたくてもなかなかできないだろうと思いながら、どこかが口火を切ったら雪崩を打つように、そうなるかもしれません。

私たち、市民にとっては、全く望んでいることではないのですが。