読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

今なお売れ続けるベビースターラーメン

ワールドビジネスサテライトで放送されたベビースターラーメン。

 

作る会社は、おやつカンパニー

 

日清のチキンラーメンが発売されたことで危機感があった創業者は、偶然にラーメンのかけらを食べます。

それが美味しかったと。

作り始めから変わらない製法のベビースターラーメン。

 

ラーメンを茹で油で揚げます。

 

その名前は、最初、ベビーラーメンでした。

 

それから、ベビースターラーメンとスターが付きます。

以降、名前は変わりません。

 

ただ、売れ行きが横ばいになったことがありました。

 

そこで、目を付けたのが、ベビースターを卒業した大人たち。

その層に対して出したのが、ドデカイラーメン。

これは、ベビースターラーメンを束ねたようなものです。

味は、ベビースターラーメンですが、束ねることで大人が食べられるスナック菓子になりました。

 

その他、マーケティングとして、純金ベビースターが当たるなんてこともしました。

 

大人需要を喚起して業績がアップします。

 

おやつカンパニーはそこで足を止めることはなく、外国資本を受け入れます。

アメリカのカーライルグループの出資を受け入れます。

 

資本が充実したことにより、東南アジアへ進出します。

 

つまりは、日本国内にとどまらず、海外に打って出ます。

 

成長曲線が描かれた戦略です。

 

日本は、こんご人口が増えることは決してありません。

 

なら、企業の成長を支えるとなると、新興のマーケットに打って出るのは、いい手です。

 

特に麺社会の東南アジアは親和性が高いです。

 

考えられた戦略です。