読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ほんまに、ものすっごく面白き本、時をかけるゆとり。

浅井リョウってずっと女性だと思っていました。

女性の割に、おなかが緩いだの、結構な書き方する人だなあと、思っていました。

なんで、女性かと思ったかと言うと、史上最年少で直木賞と取ったっていうことを読んだからです。

最年少受賞は、もうあの人しかいないと思ってしまい、それが女性だったのです。

そして、リョウと言う名前が、もう女でしかありえないと勝手な思い込みをしてしまいました。

 

と書きましたが、ちょっと不安になってググってみました。

しっかり男性でした。

 

さて、本の話です。

 

時をかけるゆとり。

 

時をかける少女をもじって、ゆとり世代のアイロニーをかけあわせたようなタイトルです。

いや、アイロニーなんて大げさなこと書きましたが、きっと軽い気持ちでつけたタイトルだと思います。

 

読んでいる人が勝手に深く考えてしまうなんて、とても素敵なタイトルです。

この本は、浅井リョウさんのエッセイです。

 

電車で読むと、笑いをこらえるのが大変になること必死です。

 

こんな面白いのなら、もっと早く読めばよかったです。

 

そこに、この本があったのですが、他の本を読み片付けるのに必死で、ちょっとほったらかしてしまいました。

 

気分が滅入っているときに、読むことをお勧めします。

 

きっと、落ち込んだあなたも、笑顔が戻ってきます。