読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

やることは間違えてなかったけど、タイミングを誤ったマイナス金利。

これだから経済は面白いと思います。

 

日本としては始めたやったマイナス金利。

 

マイナス金利をやると何が起こるかと言うと、

 

日銀への預金をすると市中銀行は損するので、自分のところの金利を下げます。すると、それまで預金していた人が、運用を他に回します。ほかの運用で一番行くのは、株です。株が買われると株高になります。

 

また、日本の金利が安くなると、海外から円を買うと言う動きがなくなります。円が買われないと円安になります。

 

かくして、マイナス金利にすると、株高・円安になります。

 

日本の成長曲線がもう一度引かれます。

 

ところが、

なんと、株安・円高になりました。

 

まさしく想定外です。

 

何を誤ったかと言うと、経済は国内の都合だけでは動いていないということです。

 

世界の動きとか流れとかが、もっと影響しているということです。

 

だから、経済は面白いし、動き続けています。

 

と、面白そうに書いていますが、実はものすごく大変です。

 

年が変わり、アベノミクスがプラスに動き、株価は22000円とか23000円とか言われていた年始。

その株高基調はあっさり裏切られました。

 

それを止めようとした、黒田バズーカたるマイナス金利。

 

アベノミクスを確たるものにしようとした、マイナス金利。

 

日銀の思うような世界にはならないし、ならないからこそ経済は動いていて面白いと思います。

 

日銀の思うように経済が動くなら、それに乗っていさえすれば、みんな億万長者ですから。

 

そんなことには、世の中なってませんから。