読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

書評、最終退行

下町ロケットの、作者、池井戸潤さんが書いた小説です。

舞台は東京第一銀行。

初めの方はなかなか入り込めなかったのですが、読み進めるうちに、俄然面白くなり一気です。

文庫本にしては厚めの本ですが、面白いとはこんなこと言うのかなあと言う感じです。

銀行の東京下町にある1支店がその舞台になり、主人公は副支店長です。

いい大学を出たのに、支店にずっと勤務しているのが不満ですが、業務に対しては文句も言わず黙々とやります。

本社の長い経験のある支店長が上司で、その支店長に振り回されます。

並行して、トレジャリーハンターの話が進みます。
とても胡散臭い会社が出てきます。

銀行はその胡散臭い会社に5000万円融資します。

時は、バブルがはじけ、銀行が貸し剝がしをします。

いろいろな物語が縦横に走りながらも、話の中にひきこまれます。

面白くスカッとなるラストです。

最終退行 (小学館文庫)

最終退行 (小学館文庫)