読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

リオ五輪代表選考会で1,2位になっても、五輪代表に選ばれない水泳。

スポーツ

水泳のオリンピック代表は日本選手権一本勝負です。

このあたり、毎回物議をかもすマラソンとは大違いです。

 

水泳もおそらく以前は一発勝負ではなったのですが、確か千葉すずさんが、代表に選ばれなかったことが原因だったように記憶しています。

 

さて、その代表選考会である日本選手権。

 

今日は、日本のお家芸とも思う、100m平泳ぎがありました。

 

優勝したのは、世界選手権代表の小関也朱篤。準優勝したのは北島康介でした。

 

でも、この二人は代表に選ばれませんでした。

 

水泳の代表は勝てばいいと言うことではありません。

 

勝った上、標準記録を突破しなければいけません。

 

100m平泳ぎの標準記録は、59秒63です。

 

北島選手は、59秒93.

小関選手に至っては、59秒66です。

 

なんと、100分の3秒差です。このくらい大目に見れよと思ってしまいます。

ただ、それやると基準が基準でなくなってしまいます。

 

派遣標準記録はぶれてはいけないのでしょう。

 

この難しい代表選考をするようになってから、実は日本の水泳は五輪本番に強くなっています。

 

結果からして、この代表選考は正解かと思います。