読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

スーパーラグビーでのサンウルブズとしての参加は、日本代表の強化の一環ってほんとにほんと?

スポーツ

スーパーラグビー。

これは、クラブチームの世界一を決めるリーグ戦と思っていたのですが、サンウルブズと言う日本のチームが参戦したことで、よくわからなくなりました。

 

ウィキペディアから、一部引用しながら。

 

スーパーラグビー(英語: Super Rugby)は、ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ共和国・アルゼンチン・日本の5か国、計18のクラブチームにて行われるラグビーユニオンの国際リーグ戦の呼称である。

2015年までは、南アフリカ共和国、ニュージーランド、オーストラリアの各国ごとにカンファレンスを構成し、レギュラーシーズンとして、各チーム16試合を行っていた。各カンファレンスは5チームからなる。

2016年は、18チームに増加したことを受けて、カンファレンス構成を変更した。南アフリカグループ、オーストラリア・NZグループの2つに大別し、さらに南アフリカグループ内では、アフリカ カンファレンス1(4チーム)、アフリカ カンファレンス2(4チーム)の2カンファレンス、オーストラリア・NZグループ内では、ニュージーランド カンファレンス(5チーム)、オーストラリア カンファレンス(5チーム)に分けた。レギュラーシーズンとして、各チーム15試合を行う。

サンウルブズは、南アフリカ共和国のグループに属しました。
また、ホームは秩父宮ラグビー場となぜかシンガポールです。

ここまで1勝しかできていないサンウルブズ。
今日の戦いは、ストーマーズ戦です。

先発はこの15人。

 

1     三上 正貴
2     木津 武士
3     垣永 真之介
4     ティモシー・ボンド
5     ファアティンガ・レマル
6     リアキ・モリ
7     アンドリュー・デュルタロ
8     エドワード・カーク
9     日和佐 篤
10     トゥシ・ピシ
11     ジョン・スチュワート
12     立川 理道
13     デレック・カーペンター
14     山田 章仁
15     リアン・フィルヨーン

試合は、大善戦をしています。

前半が終わって、14対3でリードしています。

面白いのですが、この先発メンバーで日本代表の強化と言うのは、ちょっと無理があるかなあと思いますが、少しでも世界の強豪と戦うことは、サッカーを見るまでもなく重要かもしれません。

なんで、五郎丸とか松島とかリーチマイケルとか出ていないの?と言う疑問が出てきますが、彼らは別のスーパーラグビーのチームで戦っているのでした。

昔の社会人野球では、もともと所属していない別のチームの選手が助っ人的に出ていたこともありましたが、それに近いかもしれません。

 

しかし、蒸し暑いシンガポールでなぜか善戦するサンウルブズでした。

 

ラグビー・ワールドカップ2015 日本代表の軌跡 ~歴史を変えたJAPAN WAY~ [Blu-ray]

ラグビー・ワールドカップ2015 日本代表の軌跡 ~歴史を変えたJAPAN WAY~ [Blu-ray]