読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

暮らしの手帖4世紀82号、この雑誌の世紀ってなに?

TV・映画

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のモチーフになっている、暮らしの手帖を創刊した大橋鎭子さん。

 

で、その暮らしの手帖ですが、最新刊は、4世紀82号です。

 

暮しの手帖 4世紀82号

暮しの手帖 4世紀82号

 

 

世紀ってなんだろうなあと思います。

調べていくと、100号に達したごとに世紀が変わるようです。

 

つまりは、4世紀82号ってのは、482番目に発刊された暮らしの手帖ってなわけです。

暮らしの手帖の最も大きな特徴は商業広告が全くないことです。

 

雑誌を含めたマスコミは、購読料と広告収入が大きな収入源です。

特に広告収入は、固定化された収入になりますので、発行を続けていくためには是非ほしい収入になります。

 

かたや、それは、広告元に依存するあまり縛られたことになります。

 

簡単に言ってしますと言いたいことが言えない、書きたいことが書けないとなります。

 

そういう意味で言うと、暮らしの手帖は、そういう束縛から離れたところにあります。

 

で、記事の一つ一つが、面白いものになってくんだろうなあと思います。

 

この4世紀82号で気になる記事は、

 

川津幸子「ステーキの焼き方」
瀬尾幸子「野菜が主役のかんたんレシピ」

長尾智子「すっぱいはおいしい」

佐藤雅彦「考えの整とん/錨を下ろすとこんなことになります」

澤田康彦(本誌編集長)「薔薇色の雲 亜麻色の髪/おかあちゃん」

「買物案内/シミを取るのはとにかく早く」

 

ですかね。