読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

学校の制服を作るメーカー、トンボの考え方。

TV・映画

新制服決定の舞台裏。カンブリア宮殿で紹介されているのは、トンボです。

 

URLは、tombowです。

なんと、1万校150万人が着る制服を作っているそうです。

 

考えてみると制服って面白いです。

 

ある程度のスタンダードは決まっていて、その中から特徴を作っていきます。

 

自由さが制約されている中で戦っていくのは、逆に楽しいかもしれません。

 

番組の中で放送されていましたが、トンボの営業の人は、提案する学校の近くの制服はどんなものか調べて提案します。

近くの学校でかぶってたら、特徴がなくなります。

 

それから提案する学区の街歩きをするそうです。

 

何か、特徴のヒントがあるそうです。

あると言うか、それを見つけるのが大きな仕事です。

 

似ているけど、その学校の特徴が出ていることが重要です。

 

紹介されていたのは、武蔵小金井の中学校でした。

 

40年以上変わらなかった制服。

 

小金井を歩いて気が付いたことは、桜の名所だということでした。

 

そこで、制服にピンクを使います。それもさりげなく。

 

制服を選んで入る生徒さんや親御さんもいますので、こういう特徴は重要です。

 

売り上げを取ってくるのは、信用力、提案力、熱意だそうです。

 

競争は熾烈です。

その中で勝ちあがっていくのは、それなりに理由があります。

 

日本の制服は世界のトップです。

文化にもなっていると、トンボの社長は話します。

 

僕自身は、高校生のころ、制服廃止したい人でしたが、こうして見ていくと、制服っていいかもと思います。