読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

国民投票と言う狂気。イギリスのEU離脱に思うこと。

政治・時事

国民投票でEU離脱が決まったイギリス。

キャメロン首相は、首相に立候補する時に、公約で掲げた国民投票。

 

キャメロン首相自身は、離脱反対。

公約を掲げて当選して行った国民投票。

 

その国民投票で、国民は離脱を選択する。

 

今日、その投票の中間報告で株も円も乱高下します。

 

物凄い一日でした。

 

ぱっと考えると、ヨーロッパの中で経済大国No.2のイギリスがEUを離脱すると言うことは、とても大きなことです。

世界で3番目に大きな経済圏であるEUが、結束力を欠くと、そこに流れていたお金は他の安全なところにいきます。

 

で、安全と勘違いされている円が買われてしまいました。

 

円が急騰しました。

 

円が急騰すると、工業製品の輸出で生きている日本は、また大不況に戻ります。

株も暴落しました。

 

日本がこのようになったからでは、ないのですが、国民投票て怖いなあと思いました。

 

国民は、刹那的です。ムードで右にも左にも動きます。

 

政治は政治家に任せるべきだと思いますが、悲しいことに政治家が信じられない時代です。

こまったものです。

 

イギリスとか日本とかの、立憲君主国は、政治を任せる人を議員にして、その人たちに間接的に任せます。

 

大統領制との大きな違いです。

 

どっちが政治としてはいいのかはよく分かりません。

 

ただ、イギリスは国民投票と言う直接投票はやってはいけなかったのかなあと思います。

 

ただ、分かりません。

 

これからの歴史の中では、この国民の決断は英断だったかもしれません。

 

ヨーロッパは、移民問題が強烈です。

 

これを排除する一つの方法が、EU離脱かもしれません。

 

ただし、日本とおなじ島国のイギリスは、EUを離脱しなくても解決できた問題なのではないかとも思います。

 

EUのことより、日本の経済が今後どうなっていくかがとても不安になった、イギリスの離脱でした。