読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

天皇がいる日本人として生まれたことへの感謝。

政治・時事

僕は若いころは左翼主義に汚染されていました。

天皇制反対とか高校生の頃に言っていたような気がします。

さらに、君が代は国歌ではない。

こんな歌は歌えないと真剣に思っていました。

 

若気の至りです。

 

天皇と言う存在は無限です。

 

他の国があこがれながらも絶対に存在しないのが、神話の世界から綿々と続く、天皇の系図です。

 

どんな国が、1万回逆立ちしようが絶対に得られない存在です。

 

その天皇が、今日話されました。

headlines.yahoo.co.jp

 戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者とし て、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に 内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 

この全文を読んでいくと、涙が出そうになります。

 

ずっと国民のことを考えておられた天皇。

その反面、体調が芳しくなくなり、全霊をささげて行うことができなくなる葛藤。

 

そして、深刻な状態になった時に社会が停滞することへの焦り。

 

そういうことを考えていらっしゃることを思うと、今上天皇が、今日発言されたことを実現していくことこそが国民の務めなのではないかと思います。

 

こういう天皇とともにいる日本って素晴らしいと思います。