読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

風通しの良い会社にするためには、運動会が効果的。

仕事 スポーツ

今日のワールドビジネスサテライトでは、伊勢丹の運動会の様子が語られていました。

 

伊勢丹などの流通は、他の会社からの派遣が多くいます。

 

その結果、話すこともないような事態になります。

 

横の連携が全くない組織になってしまいます。

 

このあたり、労働派遣法とかが影響していると思います。

この法律、良い面もあれば悪い面もあります。

要は裏表がどんなものにもあると言う典型かと思います。

 

運動会については、このブログでこういう記事を過去に書きました。

bookrock.hatenablog.jp

いろいろな企業が一緒に運動会をやるコーポレートゲームです。

さて、今日は一企業の運動会です。

 

企業の運動会なんて、昭和の出来事であり、個人のプライバシーが重要な今となっては、オワコンでしかないと考えられています。

 

ところが、これが大きく違ってました。

 

仕事をする

お酒を飲む

運動する

 

この3つは大きく違います。

仕事とお酒は近いものがありますが、運動は全く違います。

 

自分の学生時代を思い出してください。

 

勉強ができる人と運動ができる人は、全く価値観が違います。

で、お互いに尊敬されます。

いや、どちらかと言うと、運動できる人の方が10倍は尊敬されます。

 

これが重要です。

 

運動会なら、会社の地位とか階級を飛び越えます。

 

日ごろ発言できなかった人が、楽しそうに発言します。

そこで、コミュニケーションが生まれます。

 

そして、運動会はコスパが高いです。

 

人と人を結び付けて壁をなくすもう一つの方法、社内旅行の5分の1か6分の1で実現できます。

 

さらに、伊勢丹では中国から働きに来ている人が元気に楽しんでいました。

つまりは、運動会は国境も超えることができるのです。

 

地位も国境も超えて、壁が外れていく。

 

今こそ、企業の運動会が重要です。