読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

50歳過ぎたおっちゃんが、ヘドバン、ヘドバンと叫んでフォックスサインして飛んでる理由。

ヨーロッパの人が、YouTubeでBABYMETALを始めてみた時の感想が、なんでこの音楽が自分にはまるのか、教えてほしい。

でした。

 

BABYMETALの音は、その言葉に凝縮されていると思うのですが、それでは何なので、自分がはまっている理由を書こうと思います。

 

まずは、自分の聞いてた音楽履歴から。

 

中学生の時、解散騒動だったビートルズにはまり、高校生になって、エルトンジョンに行きながら、ディープパープルとかレッドツェッペリンとかイエスとかのハードロックかプログレ系な音楽にはまり。

 

並行して、山口百恵って最高じゃんとアイドルの音楽を聴きながらも、当時、日本を席巻していた、井上陽水とか吉田拓郎とかかぐや姫とかの、所謂フォークソングを聞きこんでた10代だったのでした。

 

そして、大学生になると、

ロックは死んでしまったのでした。

パンクの洗礼を浴びながら、イギリスのロックに傾注していきます。

 

アイドルとは、ずっと隔離された人生を送ってきたわけです。

 

それが、ずいぶん長く続きます。

 

その、アイドルなんて聞くか!と思っていた自分を引き戻してくれたのは、PERFUMEです。

 

ここから自分が聴く音楽が一変します。

 

その時は、そうなるなんて全く思ってもいません。

 

いやあ、聞きましたね、アイドル。

今までの人生で一番多く。

 

そして、たどり着いたのが、BABYMETALでした。

 

彼女らの良さは、潔さです。

そして、本当の生のライブです。

神バンドがいることです。

一切の余計なことをそぎ落とします。

 

その究極な、わびさびの世界にあり、とてつもなく欧米系な音を取り入れたのがBABYMETALです。

 

ここが、ものすごく琴線にふれていきます。

 

歌のうまさと、きれきれのダンスと、Black BEBYMETALと神バンドの超絶テクニックと、オーディエンスの良さと

 

ここまで、重なったことは奇跡かと思います。

 

そして、これからも僕は聞き続けて、見続けた、飛び続けていくのかと思います。