読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

奇跡のアディショナルタイム、Jリーグ、川崎フロンターレVS横浜Fマリノス

スポーツ

Jリーグも佳境になってきました。

年間順位1位の川崎フロンターレはホームに横浜Fマリノスを迎えます。

 

後半途中まで、2対0とフロンターレが優位に進むます。

 

そして、後半アディショナルタイム。

それも、ほぼ5分を過ぎます。

 

試合は終わったと思います。

 

ここで、マリノスが1点を返します。

 

2対1

 

アディショナルタイムは9分ですが、半分を終わりました。

 

8分

 

あと1分です。

ここで、なんとマリノスが1点を入れます。

 

奇跡的に同点です。

 

フロンターレには負けに等しい同点にされてしまいました。

 

時間的には最後の攻撃。

 

マリノス側に攻めたフロンターレが左からセンタリングを上げます。

 

ここに飛び込んだ、小林悠。

 

ふらりとゴール右に吸い寄せられるような、ヘディングシュートを打ちます。

 

ゴールに向かってゆっくりと(と見えました)入っていきます。

 

またも、奇跡のゴールが入ります。

 

なんと、3対2です。

 

試合は再開されますが、外に出た瞬間、終了のホイッスルが鳴ります。

 

凄い、奇跡的な試合でした。