読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

1機100億円のF35配備について、報道ステーションの報道

政治・時事

F35

ステルス戦闘機と言った方が、僕にはわかりやすいです。

レーダーをかいくぐって攻撃できる高性能な戦闘機です。

 

このF35は同盟国と言えども、アメリカからは買えないと思っていたのですが、そんなことはないみたいです。

 

F35は、日本にとってはどこに対するものかと言うと、1に中国2に北朝鮮と言う感じでしょうか。

 

中国なら、尖閣諸島に近い沖縄に配備するかと思っていたら。青森の三沢基地だそうです。

沖縄から2000㎞離れています。

 

何故かと言うと、沖縄は中国のミサイルの射程距離に入っているそうです。

100億円する戦闘機が1億円ぐらいのミサイルでつぶされるのは、わりに合わないみたいなことを話していました。

 

なんか、悪意あるなあ、この話し方って。

 

沖縄の基地自体に反対しているのに、こういう時には、沖縄の基地に配備しないと意味ないような語り口は。

 

今の時代は、戦闘力は攻撃しないことが前提になっています。

多くの国では。

テロとかで、戦闘力=攻撃と言うところもあります、世界の中では。

 

でも、持っていることが重要な時代になっていることも事実で。

そう思うと、日本にF35があること自体が防衛力になると思います。

 

確かに、ものすごく高いです。

100億円の戦闘機を40機ちょっと持つみたいですから。

そんないつ使うか分からないものに、金かけてどうするんだ!もっと使い方あるんだろう。と言うのも分かります。

 

ただ、人の命に値段なんかつけられません。

 

人質になったら、どんだけ使っても金で解決してください。と言う人もいるじゃないですか。

 

難しい問題です。