読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

11.5ゲーム差を大逆転で優勝した北海道日本ハムファイターズ。そして1安打完封の大谷翔平

ファイターズの栗山監督って、ほんとに名監督だと思います。

 

高卒でメジャーリーグに出て行こうとしていた大谷翔平を、二刀流で育てると言って引き留め、有言実行してしまいました。

 

だれが、今年の大谷翔平の大活躍を予想したでしょうか?

おそらく、栗山監督以外、だれもいなかったのではないかと思います。

 

完ぺきにセオリー無視です。

ありえません。

 

1,2年で結果が出なくて、ピッチャーへ専念させるんだろうなあぐらいにしか思っていませんでした、僕自身。

 

それが、ピッチャーどころがバッターでも中心選手になりました。

 

長い目で見て行かないと、今年の活躍を導くことはできなかったと思います。

 

ファイターズは、今年6月には首位福岡ソフトバンクフォークスと11.5ゲーム差ありました。

もうこれは、どうあがいても追いつけないぐらいの差です。

 

ここから、15連勝するなどして、差を徐々に、そしてどんどん縮めていきます。

 

いきましたが、まさか逆転するとは思っていませんでした。

 

なぜなら、フォークスの戦力が圧倒的だからです。

 

いくらファイターズが勝ってても、そんなにフォークスは負けないだろうと思っていたのでした。

 

ところが、勢いって凄いなあと思います。

 

今日、西武プリンスドームでの対埼玉西武ライオンズ戦。

 

先発は、大谷翔平と菊池雄星です。

 

花巻東高校の先輩後輩です。

 

この試合、大谷が圧巻な投球をします。

 

5回までパーフェクト。

1安打打たれますが、走者はそれと9回のフォアボールの2人だけです。

完封してしまいます。

 

NHKで放送されていましたが、優勝が決まった試合で投手が完投したのは、1998年のヤクルトの吉井以来だそうです。

凄いです。

10勝目です。

 

ピッチャーとして二ケタ勝利を上げて、胴上げ投手になって、バッターでも二ケタのホームラン打って3割超えてと。

 

監督と選手って、ものすごい相性があると思うのです。

 

仰木監督と野茂とかイチローとか。

 

栗山監督と大谷翔平も、奇跡の出会いだと思います。