読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ハリルホジッチ監督が更迭かと思った今日の試合。山口蛍が劇的ゴールで2対1で勝利。

ワールドカップアジア最終予選。

場所は、埼玉スタジアム2002

日本VSイラク。

日本が先制します。

清武のセンタリングから原口が決めます。

 

ここから長い試合になります。

 

ポゼッションは圧倒的ですが、ゴールできません。

 

そうしているうちに、後半追いつかれます。

 

露骨な遅延行為を始めてくるイラク。

でも、これはしょうがありません。

イラクにとってアウェイです。

ここまで押されると、引き分けは勝ったも同然です。

 

最終予選。

初戦に敗れた、ハリルホジッチ監督。

 

今日勝てなかったら、監督交代だろうなあと思いながら見ていました。

 

なぜか、オリンピックの監督を務めた、手倉森コーチが何度もテレビで映されていました。

 

これは、岡田さんが、予選の途中で監督になったようなことが起こるのではないかと思いました。

 

後半、

 

本田の動きがいまいちだなあと思っていたら、小林悠と交代になりました。

 

これって、いい交代カードだなあと。

 

アディショナルタイム。

 

もう、同点で終わるんだろうなあと思っていたら、左でFKを取ります。

 

ここで、清武のFKからこぼれ球を、山口蛍がボレーシュートします。

 

なんと、ゴールネットを揺らします。

 

2対1.

 

そして、試合終了。

 

劇的な勝利になりました。

 

この試合。

 

何といっても、清武と原口です。

 

この二人の活躍につきます。

 

お互いにドリブルが強くて、保持力をあります。

 

この二人は、相手チームにとって脅威になります。

 

あとは、柏木です。

 

ほぼ固定化された代表のイメージを、この3人が変えます。

 

変わることが、チームとしての伸びにつながります。

 

次は、オーストラリア戦。

 

また、やってほしいと思います。