読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ルヴァンカップ。浦和レッズが久しぶりに優勝。ミハイロ・ペトロヴィッチが監督になって初

スポーツ

名監督と言われている、ミハイロ・ペトロヴィッチ。

浦和に来たのが、2012年。

ここまで長かったなあ。

 

ヤマサキナビスコカップは今年から大人の事情(ナビスコとの合弁が解消されたため)でルヴァンカップに名称が変更されました。

 

その初代王者を決める戦いは、今やナショナルダービーとまで言われるようになった、浦和レッズVSガンバ大阪です。

 

試合は、前半ガンバのペースで進み、1点が入ります。ガンバのアデミウソンは、そのテクニックとか図抜けている感じで、彼にボールが回ると、何かやってしまうのではないかと思うぐらい、危険なフォワードです。

 

後半になると、レッズの展開になっていきます。

何度も点が取れるような感じになっていきますが、1点が遠いです。

 

後半31分に李忠成を送り出します。

 

コーナーキック。

 

ここで頭で合わせゴールを取ったのが、代わったばかりの李。

 

サッカーの試合、何回も見てきましたけど、代わった選手がファーストタッチですぐ点を取ったのは初めて見ました。

 

1対1のまま後半が終了。

 

延長戦になります。

 

お互い決定機を作りますが、1点が遠かったのでした。

 

1対1のまま、PK戦に。

 

浦和の西川は、レッズに来てからPK止めてことがありません。

 

3人の選手まで全く止められる感じでなく、なんと今野には真ん中のシュートで決められてしまいました。

 

こりゃまずいと思って見ていましたが、レッズはちゃんと一人も失敗せずにPKを成功させていきます。

 

そして4人目。

 

とうとう、西川がPKを止めます。

 

この止めたことが大きく、PK戦は5対4で浦和が勝ちます。

 

浦和の最後のキッカーは、なんと遠藤。

オリンピックの時の主将をやっていました。

強心臓というか、離れしているというか、右隅に堂々と強いキックで決めます。

 

浦和は歓喜の瞬間です。

 

優勝は、カップ戦では2003年以来13年ぶり。

Jリーグは、2006年に優勝していますが、これ以来になります。

 

選手みんな喜んでいましたし、ファンは感極まって泣いている人も多かったようです。

 

面白い試合でした。