読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

そもそも僕は消えることなくずっと活動していたんだし。と言うSTINGの面目躍如たるアルバム。

音楽

ニューヨーク9番街57丁目

このCDを毎日聞いてる。

良い。

凄いと思う。

 

POLICE とSTINGの両方の良いとこ取りのアルバムだ。

 

このアルバム(あえてアルバムと言う言葉を使う、それがこのCDのことを言い表せているからだと思うから)は、難解だ。最初聞いたとき、まったく良さが分からなかった。何かずれていると思った。何回か聞いているうちに良さが分かってくる。そう、POLICE自体がそうだった。なんだか分からないけど、聞いているうちに耳になじんで聞かずにいられなくなる。それこそがスティングの真骨頂だと思う。

僕らは、どこかでポピュラーミュージック、いや、ロック、もっと言えばJ-POPと言うものに対して、あまりに分かりやすくて聞きやすい音を蔑む。ロックってこんなんじゃないだろうと。耳に馴染む音楽ってロックじゃないだろうと。

 

ただ、あまりにも難解すぎるとそもそも分からない。ロックの本で絶賛されていたりすると、分からなきゃと思うけど、分からない。何か違うと思う。

 

STINGの新譜を聞いて分かったのは、最初聞いたとき、ん?と思う。何度か聞いたら、へえ!と思う。もっと聞いたら、これは凄いと思う。そして、耳に響くなあと思う。

 

これが、ロックがロックたる所以だと思う。

 

60歳を過ぎて、こんな化け物みたいなアルバムを作るスティングは、凄いと思う。で、ずっと聞いてきた僕は幸せだ。

 

ニューヨーク9番街57丁目(デラックス)(DVD付)
ニューヨーク9番街57丁目(デラックス)(DVD付) スティング ザ・ラスト・バンドレーロス

ユニバーサル ミュージック 2016-11-10
売り上げランキング : 51


Amazonで詳しく見る by G-Tools