読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

橋本徹さんのチケット転売容認に、ほぼ賛成

政治・時事 TV・映画

橋下徹氏、チケット転売を容認 「価値があるものは高く売れる」

橋下徹氏、チケット転売を容認 「価値があるものは高く売れる」 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

 

高くても買う人がいる以上、そのチケットの価値はもっと高いと言うわけで、アーティストの人たちは、もっと高く売ればいいと思います。それが、経済の自由主義(古い?)だと思います。

点バイヤーに変われて、定価より高く売られてしまうのは、値付けが間違っていたとしか思えません。

 

何せ、外タレのチケットの高さは尋常ではありません。10万円なんてこともあります。それでもソールドアウトしてしまいます。

 

10000円ぐらいのチケット取るために、ファンクラビを名義借りして何口も入り何万も払って、しかも取れたチケットが、遠方だと旅行費にまた多額の金をかけていく時代です。

なら、チケットは数万円にして点バイヤーが転売のリスクをとりづらいくらいまで上げたら、チケットは、もっと間単に取れるのではないかと思います。

何かで、以前読みましたが、ライブでアーティスト側が一番儲かるのが、そこで売られているTシャツとかのグッズらしいので、チケットは安価にして、ファンクラブ会員費とグッズで儲けるなんてことらしいですけど、ファンクラブにチケット優先権がつかなくて、安価に情報を早く知らせることに特化してしまって、適正な価格にチケット代を上げて、転売しづらくして、行きたい人が、できるだけ多くいけるようにすることがいいことではないのかなあと思います。

 

ダフ屋も、チケットがあまりにも高いと手を出しづらいと思うのですが。