読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

書評、サバイバル登山入門

f:id:bookrock:20170218223248j:plain

 

最近、登山に行かないかと誘われています。

諸事情があって断っているのですが、興味がないかというとそういうわけではありません。どちらかと言うと、興味がある方です。

 

そういうわけで本を読んでみました。

 

サバイバル登山入門です。

 

持っていくのは最小限。食材は、山で捕ります。

 

鹿や鳥や山菜や。

 

食べもので持っていくのは、米と調味料のみ。

格好いいです。

 

若い頃、椎名誠さんのスーパーエッセイが好きで、そこで書かれていた女子供(今の時代、こういうふうに書いていいのか分かりませんが)のキャアきゃーキャンプとは一線を画した、怪しい男だけのキャンプに憧れていたのです。

無骨ながらも、生き生きした生き様です。

 

このサバイバルキャンプは、それを越しています。

食べ物は基本森の中からです。

 

食べられるものは、なんでも食べます。

 

蛇もカエルも昆虫の幼虫も。

 

入門というだけあって、鹿やカエルや山鳥の捌き方が丁寧に書かれています。

動物を殺して食べるようにしていくわけで、それを写真付きで表現しているので、気持ち悪いかと言うと、不思議に全く気持ち悪いというのはなかったのです。

 

それは、この本が生き物に対し、尊重する気持ちで書かれているからかと思います。そして、食べることってこういうことだと、覚悟を持って書いているからだと思います。

 

まずは、登山。

それから、サバイバル登山。

 

やってみたいなあと思わける本です。