読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

名古屋ウィメンズマラソン、一般参加の安藤友香さんが初マラソン日本人最高の2時間21分36秒で2位に

スポーツ

f:id:bookrock:20170312130604j:plain

 

その独特の走りから、一度見ると忘れられない選手です。

世界選手権の選考会を兼ねた、名古屋ウィメンズマラソン。

久しぶりに日本選手で世界と戦えそうな選手が出てきました。

スズキ浜松ACに所属する、安藤友香さん。背番号は108番でした。背番号が大きい数字ということは招待選手ではありません。

一般参加の安藤さんが、このマラソン2連覇中でオリンピック銀メダルのキルワ選手とデッドヒートを展開します。しかも、記録がいい中での展開なので手に汗握ります。

36kmを超えたところから、キルワ選手が安藤選手に差をつけていきます。でも、そんなに差は広がりません。

 

初マラソン日本最高の記録はまだ維持しています。マラソンってこのあたりがきついと思ってましたが、安藤選手のスピードは落ちません。

 

そして、見事2位でフィニッシュします。

コーチが駆け寄り抱きしめた勢いで、1位のキルワ選手の手を踏みつけそうになって、ヒヤッとしましたが、咄嗟にキルワ選手が腕を上げて事なきをえました。

 

それにしても、そのフォームから早く感じないのですが、それがまたすごいです。

 

走り方は、

欽ちゃん走りとか

バタコ走りとか

乙女走り

忍者走りとか言われているようですが、本人にとっては、腕を振らない走り方が一番しっくり来るようです。

 

駅伝では強豪の豊川高校出身で、高校時代に優勝経験あり。

都道府県対抗駅伝大会でも、区間賞を獲得するなど、じつはすごい選手です。