読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

ワールド・ベースボール・クラシックは、経済効果はマイナス効果と言う話

スポーツ TV・映画

f:id:bookrock:20170316230249j:plain

風邪を引いてしまいました。

不摂生のせいです。(泣)

 

ここ何日か、行っているボルダリングジムが空いています。あんなに多くの人が来て賑わっていたのに。

なぜかと考えてみたら、空いている日の共通点は、ワールド・ベースボール・クラシックの日本戦が行われていた日でした。

 

ここからは空想です。

 

ワールド・ベースボール・クラシックの試合は長いです。ほぼ4時間かかっています。日本で行われている予選リーグの試合開始は午後7時ころです。テレビ放送は、もう少し前からやっていたようですが、それにしても試合終了が午後11時頃だったりします。テレビの視聴率が高かったようですから、この時間、多くの人は家でテレビを見ていたと思われます。家でテレビを見る人が多いということは、その時間に開いているお店のお客さんが少ないことになります。日頃流通していたお金が動かなくなります。

つまりは、経済効果としてはマイナスになります。

 

で、ジムに人が少ないことを知っている僕は、その時間テレビを見ることなく、他のことをやっているわけでした。人が少ないことは、自分にとっては良いことなのですが。

 

ワールド・ベースボール・クラシックを見に多数の外国人が日本に来てくれたら、お金は落ちていくのでしょうが、残念ながらそういうことはなさそうです。

 

オリンピックとかサッカーのワールドカップが経済効果があるということに比べたら、寂しい話です。

 

侍ジャパンは頑張っているので、それを否定するということはないのですが、頑張って日本で予選開催して、視聴率もそこそこ取れるコンテンツですが、一般の商売している人にとっては、どうよ?と思ってしまうのかなあと。