読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

選抜高校野球な、開幕戦から接戦の連続。呉高校の選手は、まるで仁義なき世界みたいだった。

f:id:bookrock:20170319155949j:plain

 

今日から始まった選抜高校野球。

開幕戦は、市立呉高校VS志学館

呉j高校は、春夏通じて初出場です。呉と聞いてピンときませんが、広島県の高校です。広島の高校なら、強そうな感じがします。

対する、志学館は選抜初出場。愛知県の高校です。志学館の方が下馬評では優勢だったと思います。

 

試合は、2対4で負けていた呉高校が9階表に追いつき延長に。

延長12回に2点を入れた呉高校が、志学館の攻撃を1点に抑えて勝ちます。

 

この試合、点差よりも気を引いたのが、呉高校の選手の頭です。あれって、一分刈りって言うんですか、よく見る高校野球の坊主頭を越えた剃り具合です。

なんというか、違った世界のところから来た人たちではないかと言うくらい、凄みがありありです。

広島は、仁義なき戦争の舞台です。

思わずそれを思い出しました。

 

次の試合は、1回戦屈指の好カード、履正社VS日大三高。優勝候補同士の戦いです。

この試合も好勝負になります。

 

前半は日大三高のペース。1回裏早々に2点を入れます。

履正社は、5回に3点を入れてひっくり返します。

その後、点を取り合い、8回表で5対4を履正社がリードしています。 

 

8回裏、日大三高が追いつきます。

5対5。

ピッチャーは、お互いに悪いわけではないのですが、バッターの打球が尖すぎます。

よく飛んでいきます。

 

ヒットは、履正社5本、日大三高11本。履正社は試合巧者ですね。