読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

稀勢の里、22年ぶりの快挙。優勝決定戦で照ノ富士を下し連覇。

f:id:bookrock:20170326182322j:plain

大相撲。

横綱稀勢の里が、新横綱で迎えた今場所で優勝を飾りました。新横綱での優勝は22年ぶりだそうです。

序盤、好調に白星を重ねた稀勢の里。

13日目に大きな怪訝をします。

痛さに強い稀勢の里が、うめいていたそうです。

14日めは、力なく完敗。

 

稀勢の里を追っていた照の富士が、大関復帰を目指していた琴奨菊を立会の変化で退け大ブーイングが起こった日です。琴奨菊はこの1敗で大関復帰はなくなりました。

 

千秋楽。

 

稀勢の里VS照ノ富士

 

2敗の稀勢の里と1敗の照ノ富士。照ノ富士が圧倒的に有利です。

 

本割では、立会に稀勢の里が右に変化します。ところが、待ったがかかります。立会十分ではなかったようです。

二度目、今度は稀勢の里は左に変化します。変化をほとんどしない稀勢の里の変化は、うまいとは思えないのですが、怪我をしていることを考えると、この戦いしかなかったと思います。

照ノ富士に体をあわされますが、なんとか突き落としで勝ちます。

 

場内は、大歓声です。

横綱の変化は、ブーイングが出るのが普通ですが、休場してもおかしくないのに戦っているわけですから、それだけでも凄いことです。

 

そして、優勝決定戦。

 

今度は、まっすぐゆっくり当たります。

 

これしかないという、片手一本の小手投げで照ノ富士を土俵外に出します。

大逆転優勝が決まった瞬間でした。

 

感動的な優勝シーンでした。