読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

RADWIMPS、さいたまスーパーアリーナコンサートの感想

RADWIMPSのHuman Bloom Tour 2017

f:id:bookrock:20170429221612j:plain

2017年4月29日。

開演は、17:30です。

僕がさいたまスーパーアリーナに入ったのは、17:00すぎだったかと思います。

入り口に花がありました。

f:id:bookrock:20170429221739j:plain

 

結構既に人が入っています。さいたまスーパーアリーナは広いです。

アリーナは、オールスタンディング。オールスタンディングのコンサートには何回か行きましたが、待ち時間も立っていて、体力的にはきついです。で、今日は席のあるところにしました。

アリーナが埋まり、コンサートが開始されました。ほぼ、17:30に。

 

1曲めは、モニターが映像をずっと写していきます。メンバーは現れません。1曲めが終わるとメンバーの姿が見られるようになります。ここから、怒涛の4曲です。

 

アップテンポな曲があり、スローなバラードがあり、ボーカル野田洋次郎さんの声が澄み渡ります。

野田さんは、喋りもうまいですね。ライブはDVDでしか見てなかったので、喋りまで追ってなかったのですが、結構笑えました。

 

本編は、20曲。

最後の方は、政治的な発言も出ました。

理不尽のことは許さないと言っていた、野田さん。

 

アンコールは、なんと、あんなとこから出てきました。

 

ソロで2曲。

3人で1曲。

ツインドラムスも入って2曲と、5曲の構成でした。

アンコールは、アンコールらしく予定調和から少し外れていたようでした。

 

バンドの構成は、

ボーカルと二人のギター、ベース、そして、二人のドラムスと言う構成でした。

ドラムスが二人という事で、音が重みを持っていたようです。

 

ライブの時間は、2時間50分。

RADWIMPSの良さが凝縮されていたものでした。